ダイエット用ドッグフード|アーテミスのウェイトマネージメント

ダイエット用ドッグフード|アーテミスのウェイトマネージメント

ダイエット用ドッグフード| アーテミスのウェイトマネージメント

わが家のゴルくんはこれまでもダイエットフードを食べてきました。
フード・ローテーションのために、良さそうなフードを探しています。

今回試したフードは、「アーテミス」のフレッシュミックス ウェイトマネージメント アダルト
ダイエット用のドッグフードです。

 

犬の減量は、単純にドッグフードの量を減らすだけではダメです。

食事の量を減らすと ・・・

  • 食いしん坊な子はお腹が空いている時間が長くて、ストレスになります。
    (胃液を吐いたり、変なものを食べたりかじったりすることがあります)
  • 身体に必要な栄養まで削ってしまうので、身体に良くありません。

減量するなら、脂肪やカロリーを抑えた、ダイエット用に作られたドッグフードに切り替えましょう。
ダイエット用のフードなら、食べる量はあまり変えずに済むので、ワンコにもストレスがかからずに過ごせます。

そして、体重が落ちるだけでなく、筋肉を落とさないなど成分内容の配慮も大切です。

ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス
【通販】価格・詳細へ

 

ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス

 

その点、「アーテミス 」フレッシュミックス ウェイトマネージメントは、鶏・七面鳥・魚・ダックなど、複数種類の良質な動物性タンパク質がバランスを考えて使用されています。

さらにアーテミス フレッシュミックスには「ヒューマングレード」(人の食べられる水準)のみが使用されています。

アメリカのUSDA(米農務省)が決めている食用素材の最高基準が「Human Grade」(人間向け)で、最低が「Feed Grade」(家畜向け)だそうです。


元々、アーテミスのフードを食べていれば、ダイエットは不要のハズなのですが、他のフードで太ってしまった飼い主さんからの要望でシリーズに追加されたのが、
このフレッシュミックス ウェイトマネージメント アダルトです。

スポンサードリンク
給与量は・・・

成分内容は、
・粗タンパク質 20%以上
・粗脂肪 6%以上
・水分 10%以下
・カロリー 329.3kcal/100g 
低たんぱく・低カロリーで、脂肪率は一番低い部類に入ります。


目指す体重で食べる量を決めます。

(表の一部分だけ抜粋)


目標体重 肥満気味の犬 減量が必要な犬
15〜22kg 227-302g 162-216g
22〜29kg 302-372g 216-266g
29〜36kg 372-437g 266-312g

例えば、30kgが目標体重なら肥満気味の犬の場合で、1日380gくらいが目安になるでしょうか。まずまずの量が食べられますね。
あとは、運動量や体調を見ながら調節していきます。



アーテミスを選んだ理由と感想


ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス選んだ理由

 


先にも書いたように、アーテミスのドッグフードには人が食べられるグレードの肉が使用されているというところが、まず安心できます。また、
  • 合成添加物は使っていない。
  • 保存料(酸化防止剤)としてはビタミンE・C、ローズマリーを使用。

  • トウモロコシ・小麦・大豆は一切入っていない。
    アレルギー源になることや、消化に負担がかかるためです。
なども、評価できます。

アメリカでは家畜用飼料よりもペットフードの方が厳しい基準が設定されているそうです。
その点、日本は立ち遅れています。情けないことに基準すらありません。
家畜の飼料より添加物の基準がゆるいです。


ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス試した感想

 


わが家のゴルくんは、食べ物にまったく好き嫌いがありません。与えられたものはなんでも食べるので、あまりフードの食レポ役には適していません。
好き嫌いがはっきりしていたら、食いつきの良し悪しなどを報告できるのですが・・。

当然、このフレッシュミックス ウェイトマネージメントも、慣らし段階からガツガツ流し込んで食べました。
ウンチの状態もあまり変わらず、良い感じでした。

このフードは開けた袋に鼻をつけても、イヤな匂いもありませんし、触っても手がベタつきません。(安いフードは匂いで食いつきを良くするために、動物油脂を吹き付けるそうです。触るとベタつきます。)

ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス気をつけること

保存料(酸化防止)は天然のものなので、合成保存料のようにいつまでも効力がありません。1ヶ月以内に食べきる量の袋で注文しましょう。

良いフードは食いつきも良いと思いますが、好き嫌いはあるかも知れません。
ドッグフードを決めるときは、愛犬が食べてくれるか?おなかの調子(うんち)は良いか?がポイントです。
今までのフードに少しずつ混ぜる量を増やして、1週間位はかけて慣らしましょう。

ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス知り合いのお友達の家では、それまで安いフードばかり与えていたのを、アーテミスのフードに変えたらウンチの状態がとても良く、量もずいぶん少なくなったと驚いていたそうです。
体重も知らない間に減っていたようで、きっと身体の中から調子が良くなったんでしょうね。

ドッグフード,ダイエット用,アーテミス,フレッシュミックス小型成犬用小粒タイプもあります。
[ARTEMIS]アーテミスフレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールブリードシニアドッグ 3kg

 
トップページ 老犬のかかりやすい病気 老犬の介護 人気の介護用品