犬の老化のサイン−健やかなシニア期を過ごすために

犬の老化のサイン

大型犬の老化のサイン

大型犬の老化現象は7才あたりから現れてきます。
鼻先や目の周りの毛が白くなってくるとそろそろシニアの仲間入りと考えてください。
この頃は動きに少し落ち着きが出てくるくらいで、まだまだ元気よく走ったり遊びも楽しめます。

 

さらに年齢を重ねるごとに身体にも行動にも老化による変化が見られるようになってきます。
目の黒目がうっすら白くなってきたり、耳が遠くなります。 寝ている時間が増えます。
座る立つ動作や歩き方がゆっくりとなって、それまで何ともなく出来ていた動作ができにくくなったりします。

 

 

例えば・・・
ひょいっと飛び乗っていた車やソファーを前に立ち止まって躊躇するようなしぐさが見えたり、ゆっくり上るようになってきます。

 

飼い主さんが帰宅しても、若いころは尻尾をちぎれんばかりに振って飛びついてきていたのに、玄関までのっそり現れるか、そのうちお迎えにも来ないこともあって、寝床でシッポの先だけパタパタさせている・・なんてこともあります。

 

音が聞こえにくくなっている可能性もありますが、ものに対する反応はだんだん鈍くなってきます。

 

筋力も弱くなるので、散歩では歩く速度もしだいにゆっくりになってきます。
運動能力も低下してきますから、こんな頃になると自転車を乗りながら走らせるような散歩や、過度の運動はやめておきましょう。

 

 

老化の兆候が見え始めたら 環境や生活にも少しずつ老いに向けた準備をしていきましょう。
環境や食事・運動を老犬の身体に合ったものにすることは不意のケガや病気を防ぐことにもなります。

 

何らかの障害を抱えて介護が必要になる前に、この頃から思いやりを持ってケアしていくことで できれば寝たきりにならずに健やかな老齢期を過ごしたいものです。

定期検診の回数を増やすこともおすすめします。そして、普段から動きやしぐさを観察して記録したり覚えておくことはとても大切です。

 

犬は痛いとか調子が悪いとかしゃべってくれません。
歳を重ねれば老化現象は起きて当然のことですが、あたり前のことと見過ごしていると老化に伴って起きる病気の前兆を見過ごしてしまいます。

 

いつもとなんか違う・・・と感じるときにはすぐに病院に相談しましょう。
健やかな老齢期を過ごすために 一番身近にいる私たちの気付きはとても重要になります。

 

 

大型犬と小型犬の年齢表−人の年齡と比較すると


犬の老化のサイン記事一覧

犬の行動に現れる老化

老犬になると見られる老化の兆候をいろいろあげてみました。 寝ている時間が長くなる犬の睡眠時間は一日だいたい10時間くらいです。シニアと呼ばれる7才あたりからはさらに睡眠時間は長くなっていきます。いつも寝ている姿しか見ないね・・と言いたくなるほどよく寝ます。周りの物に対して関心が薄くなってきていること...

≫続きを読む

 

犬の身体に表れる老化

 耳犬も高齢になると少しずつ耳が遠くなってきます。飼い主さんが帰宅しても、音が聞こえないのか玄関まで迎えに出て来なくなったりします。(ひょっとすると動くのが億劫なのかな?とも思いますが)周りの音が聞こえないからか何ごとにも無関心になったように見えます。名前を呼んでも気づかないとか、近づいて声をかける...

≫続きを読む

 

犬の足腰の老化が分かるチェッポイント!

大型犬は7才くらいからシニア・老犬の仲間入りと言われています。でも、実際に大型犬の7才なんて、ちょっと落ち着いてるかな?というくらいで、まだまだ元気元気です。老化なんてぜんぜん感じません。ところが何年か経ったある日突然、いつも元気に過ごしていたはずの愛犬の後ろ足がふらつく・立てないなどの現象に直面す...

≫続きを読む

 

犬の年齡表−人の年齡と比較

ここに人間と犬の年齢の比較表があります。同じ犬でも大型犬と小型犬ではかなりの差があります。大型犬の場合は成犬になるまではゆっくり、それ以降は1年で人の7才歳分の歳を取っていきます。人の年齢(歳)123456789101112131415大型犬の年齢12192633404754616875828996...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 
トップページ 老犬のかかりやすい病気 老犬の介護 人気の介護用品