老犬問題

老犬問題

老犬の介護のポイント

 

 

 

 

 

運動

 足腰を弱らせない適度な運動を続けましょう
 飼い主が面倒がらないでください
 少しでも歩けるなら歩かせてあげる、立つことができるなら立たせる、
   からだを動かす介助をしてあげましょう。
  マッサージも有効です。(肉球マッサージ、脚の曲げ伸ばし・さする、お腹をさする など)
  寝返りはこまめにさせてあげます。必ずうつ伏せの姿勢にしてから横向けに寝かせます。
   仰向けて転がすと胃捻転などを起こし危険です。

 

 

 

 

 

 

老犬問題記事一覧

犬の飼い主の高齢化

犬の飼い主の高齢化 は私の身の回りでも感じることです。通っている大型犬のしつけ方教室でも、参加しているのは40代後半から60代の飼い主さんが多いです。実際、犬を飼っている全体をみても中年以降の飼い主さんが多いようです。犬の飼育頭数の割合を年代別にした表がこれです。(平成27年犬の飼育者の年齡割合)こ...

≫続きを読む

 

愛護団体から成犬を飼うという選択

犬を飼いたいと思ったときに、躊躇する理由の中に「自分の年齡では最期まで世話をすることが出来ないのではないか」という不安を挙げる人が結構います。最近の犬の寿命もずいぶん延びて、15歳は楽に超えるほどです。当然、老犬になったときの介護が頭に浮かびます。自分の人生と重ね合わせてみたとき、はたしてちゃんと犬...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 
トップページ 老犬のかかりやすい病気 老犬の介護 人気の介護用品